色々と使って実感する良さ!ばいあぐらと共に過ごす夜

副作用の危険性

1998年の国際的な誕生と同時に瞬く間に世界中にその噂が広まり当時を知る方には強い印象が残るED治療薬ばいあぐらとは、良い印象と悪い印象が今でも残る医薬品で有り、世界的にも初めてEDを改善する事が出来る初代治療薬となるのでその長い販売実績から今でも療治させる為に用いる方が多いとされ、国内での処方が始まったのは1999年の事となり、これはED罹患者が用いる際の安全面を最優先に考慮し異例の承認速度で国内処方が開始されました。
ばいあぐらは国際販売が始まった際に国内では入手する事が出来ない為に輸入し治療に用いている方が多くおり、元々はED治療薬の成分は狭心症の治療に使用する為に開発されたものになるので硝酸剤との併用は血圧を急激に下げる事になり相互作用を起こしてしまう事で心臓への負担が大きくなり重篤副作用症状を起こすとされており、実際に国内で個人使用した高齢者の方が禁忌薬剤を見ないまま併用した事で心停止を起こし死に至った例が数例有るとされ、他にも人気に乗じて偽物販売を行う業者も一気に増加した事も背景に有り、危険性を考慮しての承認となりこれは今でも悪い意味として印象に残る方もいます。
ばいあぐらの作用自体が血管の拡張作用のみとしており、投与する事によりcGMPという物質が優位性を高める事で海綿体平滑筋が弛緩され多量の血液流入が見込めるとされ、一時的に血圧が下がり全身の血液循環が良くなるので心臓等に疾患を抱える方は今でも投与する事は出来ずその為、血圧降下作用の有る医薬品との併用を行う事は出来無いとしています。
ばいあぐらジェネリックは2013年から特許の期間を満了した事で製造が許可され販売が始まっているので低価格でED治療薬の投与が出来るとしてその敷居は低くなりましたが、権利期間を満了する前からばいあぐらジェネリックとして印度の製薬会社が低価格での販売を行っておりシルデナフィル成分を同一と同様に低価格での提供としていましたが国内での規定用量とされる50mgの倍の100mgとしているのでその分、作用が強く体格の小さい日本の方には強すぎるという指摘も有るので国内で承認されているばいあぐらジェネリックを用いる事が安全とされています。

サイトメニュー

■副作用の危険性